柳馬場押小路虎石町の西側に

大江能楽堂へ行ってきました。地図で場所を確認している時に「柳馬場押小路虎石町の西側」を通ることに気づきました。これは是非とも現在の姿を見て来なくちゃと思いました。

なんの!覚悟する必要もないくらいすぐ近くでした!

ここが茨木屋さんというかまぼこ屋さん。今日は日曜日の為休業。「現在かまぼこ屋さんになってる。」と聞いてましたので、どれくらい「現在」なのかと思ってましたら、なんのなんの!古い貫禄のある看板と店構えです。お半長の頃は帯屋さんだったそうなんですけどねえ。



こちらが大江能楽堂。茨木屋さんとは50m離れてるくらいでしょうか。






ご存じない方の為に解説:
「胴乱の幸助」という噺に出てくる帯屋さんが「柳馬場押小路虎石町の西側」にあったのだそうです。人形浄瑠璃「桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)」、通称「お半長」の一節。胴乱の幸助は浄瑠璃を本当の話だと勘違いし、嫁いびりの仲裁に京都まで行った。


この記事へのコメント

Nick
2016年09月05日 16:52
先日通りがかりましたが、蒲鉾屋さんの建物はすでに取り壊されており、コンビニになっておりました。
定吉とん@管理人
2016年09月06日 22:41
お知らせありがとうございました!
あの歴史ある茨木屋さんがなくなったと聞いて、驚きました。「京かまぼこ 茨木屋」で検索しましたら、寺町に本店があるそうです。
http://www.ibarakiya.co.jp/honten/

そして、そのサイトには
「2012年1月31日をもちまして閉店致しました。」と書いてありました。写真とともに、歌舞伎、落語で帯屋さんがあったというお半長のことにも触れてありました。やっぱりお半長はみんなによく知られてるんですねえ!胴乱の幸助が京都へ行って尋ねると「お半長やおへんか!」と笑われるというのは本当のことなんやなあと思いました。

茨木屋さんのそのサイトから桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)の説明にリンクされています。いやあ、ほんとに歴史ある土地ですね。今度のコンビニさんも歴史を知っといてほしいですね!!!落語ファンがまた見に行きまっせ!!(笑)
定吉とん@管理人
2016年09月06日 22:47
現在はファミリーマートになっているそうで、その写真を載せておられる人がおられました。なんか…、淋しい…。風情がないなあ。
http://d.hatena.ne.jp/on-yasuken/20150924/P2

この記事へのトラックバック